高血圧症が招く、他の生活習慣病

 - 症状

高血圧症とは普段の状態から常に血圧が高い状態を指します。

原因を一つに特定することは難しく、加齢やまた様々な生活習慣を伴って患う病気です。

その為、他の生活習慣病を引き起こす大きな原因になります。

その他の生活習慣病としては、糖尿病や肥満・脂質異常症等が挙げられます。

白衣の女性

どれも血管の収縮性を悪くし、血のめぐりを妨げます。高血圧症を初めとする生活習慣病は、自覚症状が少ないまま進行します。

この状態をそのままにしておくと、血管が詰まり心筋梗塞や脳梗塞を引き起こします。

高血圧による頭痛※脳疾患と関係している?

自覚できない事が多い為、高血圧症にかかっているかどうかは定期的な診断が必要になります。

他の生活習慣病が要因となって、高血圧症にかかっている場合もありますので、血圧の測定は良い判断基準になります。

また治療・予防していくにあたっても、生活習慣病は全て同じ様に生活の不摂生さを見直していく事が大事です。

過食・アルコール・タバコ・ストレス等、様々な要因が挙げられますが、どれも適量を超えることで高血圧症を発症します。

加齢に伴い、身体の機能も衰えてくるので、適量もその時その時によって変わってきます。

自分自身をよく観察して労わってあげる事が、生活習慣病の改善への道です。


■高血圧を改善!
無理なく血圧を下げる方法

スポンサーリンク

  関連記事