高血圧※カリウムとマグネシウムはどう良いの?

高血圧は、脳梗塞や心筋梗塞など命に関わる病気を引き起こします。

高血圧とは、最高血圧が160mmHg以上で、最低血圧が95mmHg以上ある人のことをいいます。

高血圧を改善するには、カリウムとマグネシウムが重要になってきます。カリウムの働きをマグネシウムが助けてくれるのです。

女性

カリウムは、体内に含まれている余分なナトリウムを排出する働きがあります。高血圧を予防、改善する代表的な栄養素です。

高血圧を改善するカリウムとは?

カリウムは1日3500mg摂取するといいと言われています。

ホウレン草やさつまいも、アボカドやバナナの他にひじきや納豆にも多く含まれています。高血圧にはかかせないので、カリウムは積極的に摂りましょう。

マグネシウムはミネラルの1つです。人の体内に30gしかない、健康であるために必要な栄養素なのです。

高血圧の食事!マグネシウムは大切

不足すると高血圧につながります。

カルシウムと一緒に摂取するとマグネシウムの働きをよりよくしてくれると言われています。

マグネシウムはカルシウムが血管の細胞に取り込まれるのを防ぎ、血圧を正常に保つ働きがあります。

昆布やアーモンド、納豆や豆腐などに多く含まれており、マグネシウムも高血圧に必要な栄養素なのです。

食事で、カリウムとマグネシウムをうまく取り入れましょう。


■高血圧を改善!
無理なく血圧を下げる方法

スポンサーリンク

  関連記事