高血圧@カリウムとバナナ

 - 食事

高血圧を予防したり改善するために必要不可欠なのが、カリウムです。

カリウムは体内にあるナトリウムを減らし、血圧を下げる働きをしてくれるので、高血圧対策としてとても重要なのです。

高血圧を改善するカリウムとは?

カリウムの摂取量を1日400mg増やすことで、高血圧が原因による心筋梗塞や脳梗塞などになる可能性が大幅に減るというデータもあります。

カリウムを含む食べ物はいろいろありますが、調理せずに手軽に食べられるのがバナナです。

バナナ

バナナには100g中360mgのカリウムが含まれています。果物の中でも1番といってもいいです。

バナナには血管を広げ、高血圧の血圧を下げる働きをするマグネシウムや便秘解消にもいい食物繊維も多く含まれています。

カリウムは水に溶けやすい性質ですが、バナナは水洗いすることなく食べられるので、カリウムを減らすことなく身体に取り入れることができます。

バナナは誰にとっても、とても栄養のある食べ物なのです。1年中食べられて、お手頃価格なのも嬉しいです。

他にも、ヨーグルトに混ぜて食べたり、ミキサーで牛乳と混ぜてバナナジュースとして飲んだり、焼いて食べる食べ方もあります。

飽きることなく食べることができるバナナを、ぜひ毎日の食事に取り入れて、高血圧を改善しましょう。


■高血圧を改善!
無理なく血圧を下げる方法

スポンサーリンク

  関連記事