高血圧と糖尿病の深い関係

 - 症状

今や高血圧は患っている方が日本国内だと約4000万人以上はいる、国民病となっています。糖尿病も予備軍を含め、患者数は約2000万人います。

そして糖尿病の患者は40〜60パーセントが高血圧も患っています。

糖尿病は、そうでない人と比べ高血圧を発症する可能性が2倍高く、高血圧と糖尿病には根の深い関係があります。

ポイント 女性

糖尿病には血糖値が関係していますが、血圧にも影響があるのです。高血圧と糖尿病にどのような関係があるのか、以下の通りになります。

糖尿病で血糖値が高まると循環血液量が増えます。細胞外の水分量が増加すると、全身を巡る血液量が増えることで、血を送り出す心臓に負担がかかります。

それで血圧が高くなり、高血圧になってしまうのです。

さらに糖尿病は血糖値が高いことで、インスリンが多く分泌されます。

高インスリン血症になることで、血圧を上げるホルモンを分泌する交感神経が刺激されたりするので、高血圧を引き起こします。

糖尿病による腎臓の合併症が起こると、腎臓から血圧を上げるホルモンが分泌され、高血圧の原因になります。

このように、高血圧と糖尿病には深い関係があります。

高血圧も糖尿病もあまり自覚症状がなく、脳卒中や心筋梗塞など深刻な病気を高血圧と糖尿病が関係しあって進行すると、発症してしまいます。

糖尿病の方は血圧がまだ高くなくても、定期的な検査と血圧のコントロールを心がけましょう。

なお、糖尿病や高血圧を予防・改善するには、食事を気をつける必要があります。

おいしい食事を楽しみながら、血圧を抑えてくれるコツについてはこちらをご覧ください。

高血圧@おいしい食事を食べるためのヒント


■高血圧を改善!
無理なく血圧を下げる方法

スポンサーリンク

  関連記事